血糖値測定器を購入するなら薬局?

都道府県知事の許可を得た薬局で購入可能

日本で血糖値測定器を入手したい場合は、とりあえず薬局に行くのが良さそうです。ただし、血糖値測定器は、高度管理医療機器という分類になり、これを販売するには、都道府県知事の販売許可が必要となるようです。

なので、この販売許可を取得している薬局なら、血糖値測定器を購入する事が出来るという事ですが、ここで注意したいのが取り扱い種類。

血糖値測定器にも色々と種類があり医療機器を取り扱うメーカーもそれぞれ異なるため、機種を限定する場合、その取り扱いがあるか確認する必要があります。

無ければ、別の薬局で確認してみるか、取り扱いの中から妥協して選ぶかになります。

特にこだわりが無いならそれで良いという事になるものの、使っていくと気になるのは、センサーのランニングコスト。日本の薬局で販売されている血糖値測定器は、測定チップとして必要なセンサーは、1回で1枚。

測定回数分だけセンサーの単価分のお金が発生するという事なので、繰り返しかかってくるランニングコストも考慮するなら、日本の薬局で購入するという限られた範囲だと、結果的にコストがかさむかもしれません。

その点、海外から個人輸入を利用すれば、日本より安価な血糖値測定器を購入できるだけでなく、センサーも価格が安いのでコストパフォーマンスの良いものが多い印象です。